も~さんの隙あらば自分語り

個人的あるある・謎テンションの怒涛レポ・溢れるノロケ! 自称自立型オオサンショウウオのも~さんが繰り広げる、愛と笑いと困惑と哀愁が詰まった、ゆるくて濃厚なファミリーエッセイブログです。

お詫びと訂正

昨日アップした兄とクロスズメバチの攻防戦のはなしにたくさんコメント頂きありがとうございます。



想像以上に多くの方に楽しんで頂けて、私も嬉しいし兄もとっても誇らしげでした。
兄、めっちゃマッスルポーズしてた。笑った~って言ってもらえてとっても嬉しかった~~~!!

ただやっぱり虫好きの方には悲しい思いをさせてしまったようで、そこは申し訳ないです…!

描写に関しても色々コメント頂いて、昨日の記事にも追記したのですが
蜂の毒には床を溶かす成分はないとのご指摘を頂いております。
誤解を招く、断定した表現をしてしまいすみません…!


で、他の方から
蜂の毒ではなく、セルラーゼという酵素ではないかとのリプライを頂きました。
ねみさん、ブログ掲載許可ありがとうございます!


また他の方からは使用したスプレーなどの成分ではないかとのご意見も頂いています。


勉強になるなぁ…!!!


現状
・床を溶かしたのは蜂の毒ではなく、セルラーゼという食物繊維を溶かす酵素か、使用したスプレーの成分である可能性が高い
といった感じかなと思います。


ギャグ漫画なんだしそこまで気にしなくてもいいのでは!?と思われる方もいらっしゃると思うんですが、実際に蜂の毒が床を溶かす威力があるのか気になってる方が結構いらっしゃったので、もうちょっとハッキリ追記しとこうと思いました。
興味ない方はすいません!!!

私自身ハチだけでなく虫全般がとっても苦手なので、調べる勇気がなかったんですがちょっとだけ調べてみました。
蜂追記
こんな感じで調べてました。


アントマンのアリもスパイダーマンのクモも平気なのに何故こんなに苦手意識があるのか…
自転車乗っててクマンバチにビンタされた時、私は本当に「無理…」って思ったんですが、信号待ちで知らない人に突然ビンタされた時は人間全体に苦手意識を持たなかったんですよね。


という事は、やっぱり馴染みというか、生態を知っていくことによって苦手意識がなくなっていくのでは…と思いながら画面を開いていったのですが、
靭公園②mini
やっぱりまだちょっと無理でした。

ちょ…ちょっと…まだ…うん…


私自身が調べるのはちょっと難しかったのですが、Twitterで頂いたリプライによりますと
・クロスズメバチ自体は攻撃性が低いので、無理に戦わず窓に誘導するなどして逃がしてあげると良い
・クロスズメバチのお子は高級食材とされている地域もある(ヘボというらしい)(めっちゃ美味しいらしい)(木の皮の香りで苦手との方も)
・つぶすとフェロモンを嗅ぎつけて他の子がやってきちゃう


だそうです。
薄目でもう一度調べてみたら、確かにクロスズメバチは攻撃性が低いと書いてありました。結果論になっちゃうけど、戦わずにすんだのかもね…
でも義姉を守ろうとした兄はえらいぞ



ちなみに追い出すのには
・部屋の明かりを全て消し、窓が一番明るい状態にして開けておく

といいのだそう。



撃退した方のリプライも一部ご紹介させていただきますと、
・ファブリーズで倒せた
・固まるタイプのヘアスプレーが動きを止めてくれるのでオススメ
・虫よけスプレーで弱った
・掃除機で吸った
・クイックルワイパーで撃退した
・ハエ叩きを使いバドミントンの要領でスマッシュ、お湯か、〇キジェットで完全勝利
・人差し指と中指でまっぷたつ


などがありました。まっぷたつ強すぎる



小さい白ブリーフのおじさんが飛び回ってる方が怖いだろというツッコミにはめちゃくちゃ笑ってしまいました。
小さいおじさん飼育してみたいという方もいらっしゃって、十人十色のコメント本当に楽しませて頂きました。
DIOなのにロードローラーじゃないってコメント頂いて、兄の部屋にロードローラーあるの想像して笑ったりもしました。皆さんありがとうございます。


専門家じゃないのでほんとご参考までに…って感じなのですが、せっかくなので色々シェアさせて頂きました~



小さい頃はすごく虫が好きで、色んな虫に襲われてから苦手になったんですけど、むかし野犬に襲われてから大の犬嫌いになったのに実家に犬が来てから大好きになったし、ヘビが飛びあがるほど苦手だったのに動物園に行ってから爬虫類全般割と好きになったので、いつか虫にも心が開く日がくるのかもしれない…

それにはやっぱり「相手を知る」という事が必要になってくるんだろうなと思います。



でも苦手なもんは苦手なので無理はしないようにします…



それでは今日はこの辺で!
コメント、ほんとにたくさんありがとうございました!全部読んでます~~~
そうそう、パンイチ対決だったんですよね…対決というか兄がパンイチで、守備力ゼロだったらしくて笑っちゃいました。
バナナ義姉さんはバナナであることに意義があると思っているのでこのままいきます。義姉本人も気に入っております。
効果線とかまで見てくれてうれしい~~~
優勝トロフィー🏆も、優しいお言葉の数々もありがとうございます。励みになります。
今後ともゆるゆる&時々頑張る!でいきますのでよろしく~~~

それではそれでは~
ハバナイス溶けた床の謎!!!




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
2019.7.12 追記


この件に関して、昆虫館に勤務されているスズメバチの専門家の方にお話を伺ってみました。



・クロスズメバチの毒や体液が床を溶かすことはあるのでしょうか?あるとすれば、どのような成分が関わっていますでしょうか。




―ハチには色んな種類があり、見分けるのは難しいが、クロスズメバチであったと想定した上でお答えします。
 
クロスズメバチは巣作りに、樹木の皮を強力な大あごで剥ぎ取り、自分の唾液と混ぜて薄く引き延ばして巣の材料にします。
 たった1匹のクロスズメバチ(ハエと同じくらいの黒っぽい小型のハチです)の体液で「床が少し溶けたようになっていた」というのは、なかなか想像できません。
 殺虫剤を大量に撒布したため、床が溶けたように見えてしまったのかもしれません。

 樹木の樹皮を噛み砕いて溶かす酵素として、木の繊維を溶かす消化酵素をもっているので、それが床面(木質部)を溶かしたのかもしれません。

 たった1匹の個体にそもそも大量あるのか、分泌できるのかは分かりません。




※あくまで個人の見解として、ご意見を頂戴いたしました。


お忙しい中ご協力頂き、丁寧にご対応頂きました。本当にありがとうございました!




色々な方から頂いたご意見をまとめますと、

・床を溶かしたのは蜂の毒ではなくセルラーゼという食物繊維を溶かす酵素かもしれないが、一匹あたりに含まれる量を考えると、使用したスプレーが原因かもしれない
といった感じになると思います。



というわけで今回のまんがは、実録ベースのファンタジーバトル漫画という事でよろしくお願いできると嬉しいです…!!
ご意見くださいました皆さま、ありがとうございました!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※